起毛素材のふわふわをキープさせる

冬に大活躍のフリースやボアなどの起毛素材。
初めはふわふわな肌触りの生地も、着て洗濯してと繰り返していくうちにふわふわの毛がぺしゃっとなってゴワゴワしてしまいます。
そうならないためには普段から気をつけることが大切。またちょっと手間をかけてあげることでふわふわキープできます。

なぜふわふわがなくなる?

ふわふわがなくなる原因は摩擦。洗濯機で洗う時も着ている時も摩擦が起きます。
すれることでふわふわの毛が絡まったりつぶされてしまうんです。

ホコリなども毛の絡まりの原因。また、湿気や汗などの水分が繊維に含まれたり、静電気が発生して毛同士がくっついても絡まります。

こうしてふわふわ感がどんどんなくなり、触り心地が悪くなって暖かさも減少します。

なのでできる限りそうならないようにすることが大事なのですが、なかなか難しいところでもあります。

ゴワゴワになっても回復させてあげることもできるので、お手入れで頑張ってみましょう。

洗濯は手洗い

まずふわふわ感を長持ちさせるために、普段のお手入れから気をつけていきたいところです。

手洗いはゴシゴシこすらず押し洗いで。
おしゃれ着用に使う中性洗剤を使って優しく洗います。
洗剤で洗い、しっかりすすいだら柔軟剤を使用しましょう。これでふわふわ感と、絡まりをとる効果が出ます。

洗濯機の場合は通常の洗濯より注意して洗濯しましょう。

  • ネットに裏返していれる。
  • 「手洗いコース」といった優しく洗い上げるコースを選ぶ。
  • 洗剤はおしゃれ着用のものを使う。

乾かすときは乾燥機にはかけず、はたいて日陰干ししましょう。
日陰の方が生地を傷めず、はたくことで繊維に空気が含まれるのでふわふわになります。

ふわふわ復活の方法

原因がわかったらそれを取り除くのみ!
絡まりをほどいてつぶされてしまった毛を起こしてあげましょう。

くしやブラシでブラッシング

ブラシ

髪の毛と一緒です。絡まった毛はとかしてきれいにします。

できるだけ優しくブラッシングしましょう。力任せに強くブラッシングすると毛が抜け落ちてしまうので、あまり力任せにしないように。

髪の毛用ブラシでもペット用ブラシでもOK。
できるだけ細い金属の棒がたくさんあって生地の奥までブラッシングできるものがいいです。先端にクッションがついてるものがベスト。生地を傷めず、毛並みを揃えられます。

ブラッシング方法

寝ている毛を優しく逆なでして起こします。
コツは少しずついろいろな方向から優しくブラッシングするして最終的に一定方向になでて毛並みを揃えると絡まりもほどけ、きれいに仕上がります。
絡まってしまうところもできる限り優しく!
ゴミや毛玉もブラッシングの際に気づいたものは取り除きましょう。

ガンコな絡まりなどがあると結構時間がかかってしまうかもしれませんが、この手間をかけることでふわふわが回復します。

ゴワゴワになってからやるのではなく、定期的にブラッシングすることが常にふわふわをキープする秘訣です。

できる限り良い状態を保ようにすることが、長持ちさせるポイントです。
お気に入りのものはぜひ、ひと手間をかけてあげてくださいね。

contents

Posted by freeen