毛玉は素材チェックと予防で対策! | freeen

毛玉は素材チェックと予防で対策!

2021/08/05

ニットやカーディガンなど、毛玉ができやすい服ってありますよね。
ここでは毛玉がなぜできるのか、そして毛玉を防ぐための注意点などをお伝えします。

毛玉ができるのはなぜ?

毛玉の原因は擦れ(すれ)。摩擦によって繊維の先端が毛羽立ち、その毛羽が束になり、絡まって毛玉ができます。
着る、洗濯をする、たたむ、歩く、この動作はどれも服をすってしまいます。服の生地というのは着用すればどうしても擦れるものです。

毛玉ができやすい素材・できにくい素材がある

素材によって毛玉のできやすさは違います。
アクリルやポリエステルといった化学繊維、ウールやカシミヤといった素材のニットなどは毛玉ができやすい素材。
綿やシルクなどはできにくい素材です。

関連記事 : 毛玉ができやすい素材がある!素材を知って毛玉対策

ウール、カシミヤ、アンゴラといった天然繊維は、毛玉はできやすいものの、自然と落ちやすいという特徴があります。

いつも毛玉に困っている人は、持っている服の素材が、毛玉ができやすいものが多いのかも。
ぜひ毛玉ができにくい素材も試してみて下さい。

毛玉対応のお手入れ

毛玉はお手入れによっても頻出度が変わります。洗濯やしまい方、着るときの注意などによって毛玉発生を少なくすることもできます。

家庭で洗える素材

≪ウール≫

ウールは水洗いすると縮みやすい素材のため、ほとんどのウールは家で洗うことができません。どうしても汚れが気になるときなどは、水の中に入れてあまり動かさないようにして押し洗いしましょう。

≪アクリル≫

繊維が丈夫なアクリルは、お家洗濯もOK。
30℃程度のぬるま湯で優しく押し洗い。
同じ温度のお湯で2回ほどすすぎをしたら、洗濯機で30秒脱水。
最後に厚めのタオルに挟んで、水気を取ります。

≪ニット全般≫

ニットをひっくり返す。
服がぴったり入るサイズの洗濯ネットに入れる。
洗濯機で洗うときは「ドライコース」で。

裏返してぴったりサイズのニットに入れることで表面の摩擦が減ります。大きいネットは服が動いてしまって、結局生地同士が擦れてしまうため毛玉の原因に。
洗濯機のドライコースは普通コースより弱い回転で洗濯します。これで摩擦が弱くなって毛玉をできにくくなります。

服に合わせた毛玉とり

取ればきれいにはなりますが、服に合わせたお手入れでないとかえって毛玉を増やしたり、穴を開けてしまうことも…。正しい毛玉とりでお気に入りの服を長持ちさせましょう。

毛玉取り参考サイト:
誰でも簡単にできる!毛玉をキレイに除去する方法 | ユニネクマガジン

ただし毛玉をきれいにとることを考えるより、毛玉を防ぐことを意識した方が服は長持ちします。

実は毛玉は取らない方がいい

毛玉は服の繊維からできるもの。それを取るのは服の生地を減らすことと同じです。何度も毛玉取りを繰り返すと生地がその分なくなるので、服がくたっとなっていきます。
これではお気に入りの服でも、長くは着れません。

でも毛玉ができたら取らなければみっともない…でも取ったら服の寿命が縮んでしまう…

毛玉は取らない方がいいけど、やっぱり気になってしまいますよね。
なので毛玉を作らないようにすることが一番!

毛玉を取ることを頑張るより「毛玉を防ぐこと」を意識してみましょう。

毛玉を防ぐ!

普段の何気ない動作でできてしまう毛玉。防ぐためにも気をつけたい点をご紹介します。

着た後に洋服用のブラシをかける

着た後は洋服用ブラシでブラッシング。生地の毛並みを整えましょう。
ブラシは力を入れすぎず優しく一定方向にかけるのがコツ。強く、いろいろな方向にかけてしまうと逆に絡まります。

着た後すぐにやることで、後から擦れてできてしまう毛羽が絡まるのを防げます。絡まなければ毛玉になることもありません。

連続して着ない

同じものをすぐに続けて着ると、生地の負担が大きくなり摩擦は起きやすくなります。
休ませることも大切。1回着たら2、3日は休ませましょう。

毛玉ができやすいところを注意

毛玉がよくできる箇所は脇の下、腰、袖口(こすれやすい場所)。どこも自然とこすれてしまうところです。

毛玉は擦れてできるので、特にこすれやすいところにできます。
袖の内側、バッグなどとこすれやすいところも要注意。よく肩にバッグをかける人ならバッグが当たるところ(脇のところ)。ショルダーバッグなどは腰のあたりが擦れやすいです。

バッグの摩擦も注意

バッグと服で擦れて毛玉が発生することもしばしば。リュックやショルダーバッグなどは特に摩擦が起きやすいです。摩擦の少ないレザー素材のバッグに変えてみたり、コンパクトなバッグを持ったりと服と擦れないようなバッグを持つのも対策の一つです。

洗濯はできればプロにお任せ

特にニット類はプロにお願いするのも手です。
お家洗濯ではしきれないケアもしてもらえるのも、プロにお任せするメリットです。

自宅にいたままクリーニングでらくちん♪リネット

毛玉に悩むときは素材をチェック

デイリーに長く着たいならば、きちんと素材を確認して、毛玉ができにくく丈夫な素材のニットを選ぶようにしましょう。

せっかく「いいな」と思って買った服なのですから、ほんの数回着て毛玉だらけで着づらい…なんてショックです。

素材で毛玉の発生頻度をおさえられるので、お気に入りを長く着るためにも、ちゃんと素材を見ていいものを選ぶ。毛玉に悩んでいる人はぜひ素材チェックを。

「本当に長く使えるお洋服」は素材などもしっかりチェックして選ぶことも、大切なことです。