やっぱり天然を選ぶ?化学繊維と天然繊維

繊維は生地の原料。最近では環境問題もあり、どのような繊維からつくられているかなど見る人も多いのではないでしょうか。

天然ものを選ぶか化学繊維を選ぶか、しっかり自分で知識をつけて選べると失敗が少なくなるはず。

繊維の種類

繊維の種類は大きく分けて天然繊維と化学繊維があります。
さらに化学繊維は次のように分けられます。

  • 合成繊維
  • 再生繊維

天然繊維

植物や動物など、自然にある天然素材からつくられたものが天然繊維。
コットン、カシミア、シルク、ウールなどが代表的です。

天然繊維は肌に優しく、丈夫で長持ち。通気性があり、低刺激で耐久性もあります。
合成繊維よりも高価になりやすく、洗濯やお手入れに注意が必要なものも多く、取り扱いには気をつけたいところです。

化学繊維

化学繊維は人工的に作られた繊維。
ポリエステル、アクリル、ナイロン、ビスコース、モダールなどは化学繊維です。

石油などを原料として合成したものなので合成繊維ともいいます。
合成繊維は、繊維をつくる過程で「機能剤」という化学物質を入れます。
これによって様々な機能をつけることができるので、ひと口に「ポリエステル繊維」といってもそれぞれ違った特徴を持っていることがあります。

アセテートやパルプなどのセルロース(これらは自然由来のもの)と化学薬品混ぜて作る「半合成繊維」というものもあります。

合成繊維はシワになりにくく、洗濯しやすく乾きが早い、型崩れしにくいといったメリットがあります。
また大量生産しやすいので安価で作るため、天然繊維のものより安く手にできます。

マイナス面もあります。
それは生地が傷みやすいく肌への負担が大きいこと。多くの合成繊維には通気性や吸湿性が低く、静電気を起こしやすいです。
また、合成繊維は強い繊維で切れにくい、ほつれが少ないというメリットもありますが、一度毛玉ができると表面にしっかりくっついて取れづらいというデメリットもあります。

ナイロン

ナイロンは世界初の合成繊維。
シルクが高くてすぐに破れてしまっていたので、その代わりとして誕生しました。

「石炭と水と空気から作られ、鉄のように強く、雲の糸より細い繊維」として売り出され他のがスタート。

ナイロンの主な特徴

強度があり、特に摩擦に強い。

  • 天然繊維ほどではないが、合成繊維の中では高い吸湿性がある。
  • 紫外線に当たると、徐々に黄変する。

ナイロンはどんな素材?

ポリエステル

ナイロンから10年遅れてイギリスで誕生。

飲料用ペットボトルと同じ素材やその仲間からできている。

強度が高く、コストが安いため多くの服に使用されています。合成繊維では世界一の生産量。

ポリエステルの主な特徴

  • 染色性はあまり良くなく、吸湿性も低い。肌触りは硬め。

ポリエステルはどんな素材?

アクリル

1950年頃から工業化。溶剤を溶かして糸を作ります。ウールに利用させることが多い。

アクリルの主な特徴

  • しなやかな風合い、保湿性の良さなどが特徴。
  • 染色性がよく、日光にも強い。

アクリルはどんな素材?

ビスコース(レーヨン)

「人工シルク」として利用されるビスコース。木材パルプが原料でセルロースを化学処理して作られる再生繊維です。

ビスコース(レーヨン)の主な特徴

吸湿性に優れているが、強度が低く水に弱いため、使い方やお手入れに注意が必要。

ビスコースとは?レーヨン素材を詳しく知る

モダール

木材パルプが原料で本質はレーヨンと同じ。

モーダルの主な特徴

  • レーヨンに比べてしなやかでソフトな風合い。
  • レーヨンは乾いている時より、濡れた時の方が強度が弱くなるが、モダールはそれほど強度は落ちない。
  • レーヨンは洗濯すると縮みやすいというデメリットが大きいが、モダールはレーヨンに比べると収縮が小さい。

化学繊維のデメリット

環境汚染という課題もありますが、人への化学繊維の大きなデメリットは肌から化学物質が入ってしまうことです。

肌から吸収される化学物質

化学繊維は原料に石油・石炭、化学物質や溶剤。
肌に直接化学物質が触れていると、ほんの微量ではあるもののその化学物質が吸収されます。そして吸収されると90%は体内に残ってしまいます。

参考 : https://www.toujindo.com/column/1144/


極微量のため気付きづらいですが、たまりにたまると皮膚トラブルを起こしてしまうことも。「化学繊維アレルギー」という皮膚炎もあります。

とはいえ化学繊維も日進月歩。全てが悪いとは言い切れないのも事実です。

商品説明をよく読むことや販売員の人に尋ねたりなど、どんな素材でつくられているかはよく確認しましょう。
ぜひいい素材を選んで後悔ないお買い物にしてくださいね。

contents

Posted by freeen