ストライプの中にある自由への憧れ – freeen

ストライプの中にある自由への憧れ

2020/05/232021/05/25

私たちは多かれ少なかれ、行く場所・会う人・自分の心境によってファッションを選ぶ傾向があります。

仕事でクライアントと打ち合わせならフォーマルに、家族で出かけるなら動きやすくカジュアルもいい。デートなら相手の好みに合わせる?
こんな感じで着るものを考えるのではないでしょうか。

海とファッション

では海に行くならどんなファッションがいいか…

サーフィンをするなら水着とTシャツ、ハーフパンツ。デートならば、風に揺れるワンピースやビーチサンダル。

海で何をするか、という「目的」によって服は変わるはず。せっかくの海辺デートにスーツと革靴では、場違いに。

私たちはファッションを考える際、そこで何をするか、そのためにふさわしい格好とは何かを自然と考え、選んでいます。

海から感じる自由

目的の他にもう一つ、私たちは「海」という場に自分の心が求めるものを反映しようとします。

私たちが心の中で海に求めているものとは何か。

それは「自由」です。

海の持つ縛られない雄大さと力強さ、その強大なエネルギーに触れ、「現状からの解放」を求めす。その渇望を、無意識のうちにファッションに反映させているのです。

自由を象徴するストライプ

かつてストライプは、囚人服などが表すように、あまり好ましいものとして認識されていませんでした。

それがポジティブな意味合いにとられるようになったのはいつからか。
一説には、アメリカが英国から独立したときに掲げた国旗にストライプが使われるようになってから、と言われています。
アメリカの国旗(星条旗)は、星と縞模様で構成されているので「the Stars and Stripes」と呼ばれています。

自由と平等を求めて、海を渡り新天地へと歩みだしたアメリカ。
その精神を象徴するストライプを身にまとうことで、私たちは心の自由を外に向けて発しているのです。

私たちが手に取るもの、目を止めるものには必ず理由があります。

もしストライプに強く惹かれ、いくつものアイテムに目がいくのなら、それはあなたの心がストライプの中にある「自由」を求めているからかも。