編み物の知識、編み方の基本と三原組織

生地には織物と編み物があります。
2つとも、織り方・編み方を決める「組織」というものがあります。どのような組織で生地を作っていくかによって、見た目や風合いが変わります。

三原組織とは織りや編みの基本となる、3つの組織のこと。

今回は「編み物の三原組織」についてご紹介します。

織物の三原組織についてはこちら。
織物の基本3種「三原組織」

編み物の三原組織はこちらの3つ

  • 天竺編み(平編み)
  • リブ編み(ゴム編み)
  • パール編み(両頭編み)

天竺編み

「平編み」、「メリヤス編み」とも言われます。
一番ベーシックな編み地で、編みの基本とも言われます。縦横とも同じ編み組織が連なった編み地で、薄くて軽いのが特徴。

表と裏の編み地が異なります。表は同じ編み目が整列、裏は出っ張りがある編み目です。

リブ編み

ゴムのように伸び縮みする編み方で、ゴム編みとも言われます。セーターの袖口なんかによく見られる編み方。飛び出した目と引っ込んだ目が交互に並びます。

パール編み

横一列に連続して飛び出している目があり、次に引っ込んでいる目があり、それが交互に続けて編まれているもの。

リブ編みは横方向に伸びが大きく、パール編みは縦方向の伸びに優れているのが特徴です。

横編みと縦編み

編み方には2つに大きく分けて横編みと縦編みがあります。

縦編みは縦方向に編み目を作っていき、織物のように編みます。

横編みは横に輪っかを作っていく編み方。
三原組織はこの横編みで編まれるもの。

どちらも伸縮性がありますが。横編みの方がよく伸び、縫い目のない生地も作れます。
縦編みは端がほつれてもポロポロと崩れにくく、薄い生地が作れます。
横編みだと1か所ほつれてしまうと、全体までほどけてしまうところが欠点です。

contents

Posted by freeen