季節の変わり目こそ使いたいワッフル生地 | freeen

季節の変わり目こそ使いたいワッフル生地

2021/07/09

表面が凸凹した見た目のワッフル生地。使い勝手のいいこの生地はオールシーズン着れますが、特におすすめなのは季節の変わり目。

何着ていいか分からなくて悩んでしまう方はぜひワッフル生地をお試しください。

ワッフルとサーマル

ワッフル生地は凹凸のある生地で、保温性や蒸れ防止といった機能面に優れている生地です。

「サーマル」はワッフル生地やハニカム生地を使って作ったTシャツのこと。
アウトドアやミリタリーなどでよく使われるアイテムで、機能性が優れているんです。

さらっとした肌触りや保温性の高さから防寒用の肌着、インナーシャツとして大活躍します。
夏のカジュアルファッションでは一枚での着こなしも人気。
きれいめな雰囲気、こなれっぽさを出したいときなど、フラットな生地のTシャツよりワッフル生地のシャツがおすすめ。

ワッフル生地についてはこちらもどうぞ
https://www.freeen.info/contents/waffle-cloth/

さらっとした着心地とお手入れのしやすさ(シワになりにくく、洗濯もそんなに気にしなくていい)もポイントです。

シンプルでおしゃれにコーディネート

スポーティなアイテムのワッフルですが、カジュアル以外にもコーディネートでシックにもやかわいい感じにも着こなせます。
ゆったりめなシルエットでリラックス感のあるコーディネートにおすすめです。
同じ無地のTシャツでもワッフルとフラット生地を比べると、ワッフルの方がおしゃれな感じに。
一枚ワッフルに変えるだけでいいので、ワンポイント足したいなーという時にはとても便利。

一枚できるならゆったりめのもの、インナーとして使うなら、細身で袖や裾部分はタイトになっているものを選びましょう。
細身のものだと、肌との密着度があがるので保温性の効果がアップするメリットもあります。

ワッフルTシャツにジーンズ。

カジュアルワッフルスタイルの王道と言ってもいいでしょう。

トップスをワッフルにするだけで大人のおしゃれコーディネートになります。

出典 : https://wear.jp/mimori412/18828840/

スリムパンツと合わせてスタイルアップ

ワッフルトップスはにスリムパンツはスタイルアップにおすすめ。

出典 : https://wear.jp/mi__1020/18888829/
出典 : https://wear.jp/mi__1020/18811715/

アクセサリーで大人っぽさを足す

パールのネックレスなどアクセサリーでさらに大人女子に。

出典 : https://wear.jp/suzukiki/18744981/

インナー、レイヤード使いでも活躍

サロペットと合わせてワッフルをインナーに。

出典 : https://wear.jp/andme_official/18823900/

ワッフルワンピを使ってレイヤードスタイル。

出典 : https://wear.jp/iku1227/19226394/
出典 : https://wear.jp/pyon94/12574314/

ボトムスにもワッフル

ラクでかわいいワッフル生地のスカート。

出典 : https://wear.jp/item/54176222/

ロング丈のスカートと合わせてフェミニンさアップ

出典 : https://wear.jp/nnnooo26/19339288/

ワッフル生地はやわらかい印象に見せてくれます。その印象を利用してフェミニンアイテムを取り入れるとgood。
ロング丈のスカートと合わせるとかわいいカジュアルコードの完成です。

一枚できるならゆったりめのものを選びます。
インナーとして使うなら、細身で袖や裾部分はタイトになっているものを選びましょう。
細身のものだと、肌との密着度があがるので保温性の効果がアップするメリットもあります。

優れた機能で難しい時期にぴったり

おしゃれさがあるので一枚できても何かのインナーに着てもバッチリきまります。

昨日は暑くて今日は寒い、最近涼しいけど今日はなんだか蒸し暑い…

季節の変わり目ってそんなことが多いですよね。
そんな時にワッフル生地が大活躍。

肌寒い時には保温してくれ、蒸し暑い時でもベタつかず、生地が汗を吸って発散してくれ流ので不快感がなく着ていられます。
Tシャツ一枚だけど肌寒いけどニットを着るほどではない…なんて時は、
おしゃれさも出て、機能性バッチリなワッフルを選べばOK。

寒暖差の激しい時期にはワッフルアイテムを取り入れてみてください。