服のタックとは?特徴や効果を知ってタックを活用する | freeen

服のタックとは?特徴や効果を知ってタックを活用する

2022/04/29

タックはシンプルな布にデザインと機能をつくってくれます。動きやすさがありつつもシルエットをよく見せたり、立体感を出すといった効果が期待できます。
タックそのものがデザインにもなりますし、服の形が崩れにくいというメリットもあります。

そんなタックの特徴や効果を詳しくご紹介します。デザインやサイズ選びの参考にしてみてください。

タックの効果

タック(tuck)とは、英語で「押し込む・挟み込む」という意味があり、生地をつまんだり折り込んだりして縫ってできる「ひだ」のことを指します。

このひだを作ることで立体的なシルエットになります。またゆとりができるため、動きやすくなります。

タックでデザインを作っているアイテムもあるので、シンプルだけどポイントを少し取り入れたい、という時にタックありのアイテムを選ぶのもおすすめです。

HORIZON DREAM タックボーダーVネック半袖Tシャツ | freeen

ゆとりができて動きやすい

基本的にタックは腕やお尻回りなど、たくさん動かすところに崩れないようにあそびを持たせるために入れています。Yシャツの袖やパンツのウエスト下部分的などにタックが入っていることも多いです。

スーツパンツにはタックが入っていないものは「ノータック」と呼ばれるくらい、スーツにタックはおなじみのものとなっています。

スマートに見せつつも、動きやすさも重視されるスーツには必須のものなのでしょう。

スタイルアップ効果あり

タックがあるとキュッと引き締まって見えるため、スタイルアップも期待できます。

タックなしのフレアスカートやAラインスカートより、タックありの方がスタイルをよく見せてくれます。

【FREAK’S STORE】 インドピンタックスカート female

タック入りのパンツも効果ありです。
気になるお尻や腰、太ももなどにゆとりを持たせることでスタイルアップが期待できます。

ESSENTIAL / フェイクレザーショートパンツ

デザインを作る

同じ形・素材のものでも、タックのありなしで雰囲気が変わります。ひだによって生地に立体感が出て、形を少し変化させたりアクセントをつけたりします。

無地でもアクセントやポイントとしてコーディネートできます。

【Aresense】 タックスリーブブラウス female

タックの種類

タックにはいくつか種類があり、デザインや着心地が変わります。自分の好きなタックデザインや自分に合った着心地のタックを知っておくと服を選びやすいと思います。

ひだの本数による種類

タック入りパンツでは左右それぞれに入っているタックの数で種類が分かれています。

スーツでよく使われる名称ですが、ワンタック・ツータック・ノータックがあります。スーツ以外ではあまり使われていない言葉かもしれません。

タックの数が多いほど動きやすくなります。

ノータック(ひだが入っていない)タックありに比べて動きやすさは軽減するものの、すっきりとした見た目になる。
ワンタック(1本のひだが左右それぞれに入る)腰回りにゆとりができる。クラシカルな印象と動きやすさが特徴。歩く・座るといった動作が多い人向け。
ツータック(2本のひだが左右それぞれに入る)ワンタックよりさらに腰回りに余裕ができる。比較的ガッチリした体型の人や動きやすさ重視の人におすすめ。

インタックとアウトタック

タックはたたんで「ひだ」を作ります。内側にたたむものを「インタック」、外側にたたむものを「アウトタック」と言います。

【参考】タックの種類について | アパレル 一人十色時代

ピンタック

ピンタックは細かくつまんで作られたタックのことをいいます。折られているところから0.5〜1.5cmの間隔で縫い、表にたたまれています。

【FREAK’S STORE】 ハーフスリーブピンタックシャツ【WEB限定】 female

タックありアイテムの選び方

タックありのものを選ぶときは、

  • あまりしめ付けたくないとき。
  • シンプル+αで個性を出す。

といったときにおすすめです。

タックの位置や向きに注意

タックは素晴らしい機能とデザインを作りますが、場合によって太って見えてしまうことも…。

【参考】タックは、入れる位置・分量・デザインで、その効果は全く違う

ぴったりしたサイズを選ぶと、膨らみのある平面やシワが太くみせてしまうようです。タック入りのボトムスは試着してみてた方がいいかもしれないですね…。

ウエストはぴったりでもお尻周りがきつい時

ウエストに合わせてパンツを選んだときにお尻周りがきつい…ということもあるでしょう。

オンライショップでサイズをチェックして「このサイズギリギリだな…いけるかな…?」なんて思ったときにも、タックがあれば少し安心できます。

ただしあまりにもぴったり(もしくは少しオーバーになるサイズ)だとタックが開いてしまって、小さいサイズを無理やり着ている感じが出てしまいます…
やはり多少はゆとりのある方が動きやすくスタイルアップするので、自分に合ったサイズを選んでください。

サイズが大きめでも注意

ぴったりすぎると動きづらい、着れないよりかは着れた方がいいので、大きめサイズを選ぶこともあるかと思います。

ただタック入りで自分に合っていない大きめサイズを選んでしまうと、たぼついて野暮ったい感じになってしまうこともあります。

「ちょうどいい」を見つけるのは難しいかもしれませんが、自分がどのサイズがしっくりくるのかを知っておくのは、スタイルアップのコツです。

失敗もあるかもしれませんが、「コレだ!」というサイズをぜひ探してみてください。

スーツのタックパンツの野暮ったさを無くしたい

スーツの場合、タックがあると野暮ったい印象がある、既製の服ではなかなかいいものがなかったと言う方は、オーダーメイドで作るのがおすすめです。
オーダーでもリーズナブルに作ってくれるところもあるので、動きやすさがありながらもスマートな印象に見せたい、と言う人はぜひ検討してみてください。

タックの機能性もデザインも活用しよう

自分に合うタックデザインや、お気に入りを見つけることができれば、きっと服選びに磨きがかかります。機能的だけではなく見た目とのバランスもあるので、TPOに合わせたりサイズの合ったタックデザインを選んでいきましょう。

ベルメゾンネット