どのボーダーを選ぶかで印象は変わる?ボーダーの選び方と印象について | freeen

どのボーダーを選ぶかで印象は変わる?ボーダーの選び方と印象について

2021/09/04

流行に関係なく定番で合わせやすい、ヨコ縞模様のボーダー。

ボーダーはピッチや配色によって、種類分けされています。

同じボーダーデザインでも、その種類によって印象は変わります。どのボーダーがどんな印象になるかを知っておくと、自分に合うものが分かったり、TPOに合わせたコーディネートができちゃいます。

またボーダー種類名を覚えておくとアイテム検索にも便利。商品名に「ボーダー種類名」で使われることがあるので、ピンポイントで「この種類のボーダーが欲しい!」という時に役立ちます。

頭の中でイメージはできるのに名前が出てこない!という時にも参考にしてください。

ボーダーラインの幅で変わる印象

ボーダーラインの太さ(ピッチの違い)によっても印象は変わります。

細ボーダー、太ボーダー、ミジンボーダーと幅の大きさによって呼び方があります。


細いと大人きれいめ・上品な印象、太くなるほどラフさやカジュアル感・ポップといったイメージが強くなります。

【細ボーダー】きれいめな印象で幅広く使える

年齢・性別・場所などを問わず、一番着こなしやすいボーダーが細いピッチのもの。
目立ちすぎず、さまざまなアイテムとも合わせやすく、いろいろなシーンで使えます。

ボーダーはカジュアルイメージが強い柄ですが、ピッチが細ければカジュアルになりすぎず、やわらかくきれいめな印象を与えられます。

MINKPINK ボーダー半袖カットソー Navy stripe

使い込んでいくうちに色味や風合いの変化を楽しめる、リネン素材のカットソー。うっすら透ける感じが見た目にも夏の涼しさを演出してくれます。

色をコーディネートに入れつつ大人スタイルにしたいなら細ボーダーがおすすめ。カラフルな色でも、きれいめに着こなせます。

この商品を見てみる

シンプルで簡単にフレンチスタイルができるのも細ボーダーの魅力。「フレンチボーダー」で探すと細ボーダーアイテムが見つけられます。

参考サイト : 大人なら知っておかないと恥ずかしい!フランス生まれの名品ボーダー6選

ドレスアイテムとの相性もばっちり。細めのラインがドレッシーな感じにもしっかり合います。ジャケットやスラックスなどと組み合わせてオフィススタイルの出来上がり。

出典 : wear.jp

単調な印象になりがちな同トーンのデニム × デニムやセットアップコーデなんかはボーダーをインナーに入れると、雰囲気はそのままにメリハリを出せます。

イラスト・グラフィックTシャツほど主張は強くならず、繊細なアクセントがほしい時は細ボーダーを試してみてください。

出典 : wear.jp

【太ボーダー】ラフ・カジュアルな印象と存在感を出す

一枚で存在感、インパクトを出せるのは太ボーダー。
アクティブ・ラフな印象でカジュアルコーディネートにぴったり。大胆なアクセントにも使えます。
ピッチが広いほどよりカジュアルでポップな印象になります。
ラフな着こなしが好きな人は、いくつか持っておくと着まわしに便利です。

【レディース】 ボーダーTシャツ(ELLE SPORT)(吸汗速乾・UVカット) – セシール ■カラー:ブルー ■サイズ:M

カジュアル鉄板スタイルの一つ太ボーダー × デニム。靴をヒールにして女性らしく、スニーカーにしてボーイズライクな印象にすることができます。

出典 : wear.jp

色は抑えめ、でもインパクトを出したい、なんて時も太ボーダーにお任せ。

出典 : wear.jp

大人ミックスな印象におすすめなのは、トップスをシックにして、ボトムスを太ボーダーにするコーディネートです。

出典 : wear.jp

ミジンボーダー

とても細いボーダーを「ミジンボーダー」としているものもあります。

遠目で見ると、単色?と思ってしまうほど細かいものもありますが、ちゃんと見るといい感じのまだらさがあるアイテムも。

ミジンボーダーは細ボーダー同様に合わせやすく、すっきり・さわやかな印象を出してくれます。

ミジンボーダータンクトップ saintete

フライス編みという伸縮性に優れた編み方でつくられているので、着やすさ着心地抜群です。接ぎめのないシームレス素材を使用し、直接肌にふれても着た時のひっかかりもなく、ストレスフリーで着ることができます。

さわやかさと上品な印象のパネルボーダー

生地全てにボーダー柄ではなく無地の部分がある、無地+ボーダーはパネルボーダーと言います。

細ボーダーでも、オールボーダーとパネルボーダーとで印象が変わります。

オールボーダーよりもカジュアル感がおさえられ、上品に。
無地の部分が顔まわりを明るく見せてくれるので、さわやかな印象になります。

レトロな感じにしたいならマルチボーダー

ピッチを不揃いにさせたり、カラフルな配色のマルチボーダー。ランダムボーダーとも言います。

ランダムボーダー = マルチボーダー としているところが多いですが、ランダムとマルチで分けているショップもあります。

  • ピッチの不揃いなもの → ランダムボーダー
  • カラフルな配色 → マルチボーダー

太さが徐々に太くなる・細くなる、または不規則な太さを並べたものなどマルチボーダーのデザインは様々です。

均等なボーダーよりもおしゃれ感UP。レトロな印象をつくりたい、アクセントを出したい時に重宝します。

服装による印象の大切さ

人は相手がどんな人かを知ろうとするとき、しぐさや表情、そして服装にも注目します。服装に悩むとき、「自分をこんな風に見てもらいたい」という思いを持ったことは、誰しもあるのではないでしょうか。

きちんとした身なりで丁寧な立ち振る舞いを心がけていれば、しっかりした人に見える。
どんなに心の清らかな人でも、みすぼらしい恰好をしていれば、それだけで偏見のまなざしを向けられることも…

初対面の人のことはわからないし、内面は見たくても見れません。まずは外見で判断します。そして相手の人間性を分析しながら距離を測っていく。

見た目での判断というのは、ある種の自己防衛ともいえます。

それだけ見た目の与える印象は重要なのです。

印象は経験や考えからもつけられる

流行の装いに身を包んでいる人を見れば「好奇心旺盛な反面、熱しやすく冷めやすいかも」と予想。
高級品を身に着けている人を見れば「生活に余裕がある」または「見栄っ張りな一面アリ」と思ってしまうことも。

これは自分の中にある見た目と性格パターンの相関図と照らし合わせて、その人がどんな人かを想像するためです。なので、同じようには思わない人もいるはずです。

「どう見られるか」という印象は、同じ柄でも選んで着る本人の気持ち、TPOや全体のコーディネートというさまざまな要素が組み合わさります。

それはTPOに合ってる?自分の気持ちに合っている?全体のバランスはOK?

与える印象を考えながらコーディネートをして、自分をさらにイメージアップさせてください。