織物の基本3種「三原組織」

服やバッグなどによく使われる「生地」。
生地は「織ってつくるもの」と「編んでつくるもの」があります。「織物」と「編み物」です。

ここでは織物の基本となっている「織り方」を紹介していきます。

織り方で生地は変わる

織物はたて糸とよこ糸を直角に交差させてつくる布地のこと。
交差の仕方によって見た目、丈夫さ、風合いなどが変わります。

織物の基本の織り方は3つ。

  • 平織り
  • 綾織り
  • 朱子織り(繻子織り)

この3つは「三原組織」といわれています。

三原組織それぞれの織り方

平織り

平織りは、たて糸とよこ糸を1本ずつ交互に上下を交差させます。最もベーシックでシンプルな織物です。

見た目は細かいチェック柄になり、表と裏が同じ模様になります。

丈夫で摩擦に強く、プリントや加工がしやすいのが魅力。
また、糸の太さや色を変えて様々な模様や柄の織物が作れるのも平織りの特徴です。

平織りで作られる生地。
ギンガム、オーガンジー、シャンブレー、ブロード、ドビー、ガーゼ、羽二重、ちりめん、ボイル、ローン、金巾(かなきん)、シーティング、帆布、モスリン、など

平織りはタフタとよばれることもあります。

綾織り

綾織りは「斜文織り」ともいわれ、英語では「ツイル(twill)」です。

ツイル生地とは?生地の織りを知ろう

たて糸とよこ糸が交互ではなく、互いに2本以上間をあけて交差させる織り方。
生地の表面はたて糸の割合が多く、斜めの線がうかび上がります。この斜めの線を綾目、斜文線と呼びます。

平織りより摩擦に弱く、光沢感があります。
伸縮性があり、シワがよりにくいといったメリットもあります。

摩擦に弱いところはデメリットですが、それがこの織り方の代表デニムのいい感じの色落ちを表現してくれるところでもあります。

強度は平織りには劣るものの、糸の密度を高くすることで厚地に仕上げられ、伸縮性にも優れるため作業着にもよく使われる織り方です。

綾織りで作られる生地。
デニム、ツイード、ダンガリー、サージ、チノクロス、ギャバジン、カルゼ、フランネル、バーバリー、ドリル、など

朱子織り(繻子織り)

朱子織りはなじみがないかもしれませんが、「サテン」といったら想像しやすいかと思います。

平織り、綾織りより糸の交差点が少なく、片方の糸が多くなる織り方。
交錯点が上下左右すべて隣り合わせにならないように、規則的にとばして織っていきます。

たて糸を多く浮かせる「たて朱子」、よこ糸を多く浮かせる「よこ朱子」といったり、
交差点の間隔(どのくらいあいているか)によって「五枚朱子」「八枚朱子」といったり、朱子織りの中にも種類があります。
また素材によっても名称があり、絹ならシルクサテン、綿ならコットンサテンといった呼び方もします。

このように織られた生地が、すべすべのなめらかな手触りと光沢感をだせます。朱子織りだからこそなせるもの。高級感のある生地はこのように織られているんです。

三原組織の中で一番高級感があり肌触りも良いのですが、摩擦に弱く、強度も低いというデメリットもあります。デリケートな生地になるので、取り扱いには注意していきたいものです。

これらを基本として変化を加えたものや織りを組み合わせたもの、三原組織に属さない織り方など、まだまだ織りにはたくさん種類があります。

生地の織り方、さまざまな変化を加えることで、いろいろな生地ができます。
生地の織り一つとっても奥が深いものですね。

普段の買い物では、生地の織り方まではなかなか着目しづらいかもしれませんが、また気になることがあればこちらを参考にしてください。

contents

Posted by freeen